酵素ドリンクといえる基準とは?

日本には酵素ドリンクとして販売されている商品がとてつもなく多くあります。
一般的に酵素ドリンクの選び方を調べると無添加で薄めていないものが良いとされていますが実際に調べてみると正直よくわからないものばかりです。
そこで気になるのが酵素ドリンクの基準で、日本ではどのような基準を設けて酵素ドリンクとしているのでしょうか?

酵素ドリンクといえる基準はどうなっているの?

日本は食品に関して世界でも厳しい基準を設けていることで知られています。
安全基準の面では非常に厳しいと評判の日本ですが酵素ドリンクに関してははっきりとしたものが見当たらず現状では発酵させた成分が少量でも入っていれば酵素ドリンクとして販売できるということがわかっています。

はっきりと線引きされているわけではないので一般的に選び方として推奨されている方法のように薄めていないという基準もあいまいなところがあります。

酵素ドリンクを選ぶときはどうすればいいの?

実際に酵素ドリンクを購入するときはやはり信頼できるものを購入したいのが人間の心理です。
原材料名や成分表示を見てもピンとこないことが多いですが、選ぶ基準として一応の参考になるものがあります。
それは信頼性ははっきりしませんが、成分にエキス表示されている酵素ドリンクやブドウ糖が書かれている酵素ドリンクは避ける方が無難といえます。

この原材料名というのは成分のうち配合量が多いものから記載することになっています。
そのため酵素ドリンクだと発酵エキスといったものが気になりますがそのエキス自体がどれだけの濃度でなんの発酵エキスなのかがわからないのでエキス表示のものは避けた方が良いのではないかと推測します。

反対に優光泉などの原材料名をチェックすると紛らわしい名称は一切なくすべてが野菜や果物や野草などの名称で埋め尽くされていることから本当の意味で原材料名がしっかりと明記されているものを選ぶことが良いと判断します。