酵素の無駄遣いはNG!酵素ドリンクをうまく活用

酵素は肉眼では見えないもののために無駄遣いしている感覚も全くわかりませんが、生活習慣によっては酵素を過剰に使っていることがよくあります。
これは酵素の基本的な働きによってわかることで現代人の生活習慣の改善によって無駄遣いを減らすことができるものです。
具体的にはどのようなものがあるのでしょうか?

代表的な酵素の働きと無駄遣いになる生活習慣

酵素は大きく分けると消化酵素と代謝酵素という二つの働きがあります。
人間の体の仕組みを考えても最初に使われる酵素は消化酵素で食事によっては大量に消化酵素を消費することがあります。
いわゆるこの状態が無駄遣いとなり、代謝酵素に回す分が少なくなると体の老化や体調不良が起こるという仕組みになっています。

食事の中で添加物の多い食品や動物性タンパク質が多い食事、油の多い加工食品は消化酵素を多く使う食品です。
そのため酵素が不足していると胃腸に負担をかけることになりますし、酵素がたくさんあってもこの段階で無駄遣いすることになります。

また食事は一般的でも間食が多い方も酵素の無駄遣いになります。
間食にスナック菓子やケーキなどを食べる場合は特に無駄遣いになり、その回数が多ければ多いほど無駄遣いをすることになります。

酵素の無駄遣いを改善するちょっとした工夫

酵素の無駄遣いを改善するには食生活の見直しから始めます。
消化酵素の節約のために食物酵素を積極的に取り入れることが有効でそのためには和食が理想的だと言われています。
一例として、食事はよく噛んで腹八分目でやめる、肉は控えめにして豆類やゴマ系、海藻類、魚介類、キノコ類、イモ類などを中心にしたメニューを食べるようにすることは大変役立ちます。

さらに野菜や果物、漬物やヨーグルトなどの発酵食品の摂取も良く、適度な運動をしたり早寝早起きをすることも健康維持のために必要不可欠なものです。
酵素ドリンクを同時に摂取しながらこうしたことを工夫していけばもう酵素不足で悩むことはなくなります。

酵素不足で起きる諸症状とは?酵素ドリンクをスタートしよう

毎日の生活の中でちょっとした体調不良を感じることはありませんか?
大したことはないものの最近なんだか疲れやすいような気がするとか、いつもはから揚げが大好きでたくさん食べれるのに食べると胃もたれするようになったなど、一見すると加齢や日ごろの疲れのように感じることも長引く場合は酵素不足かもしれません。
酵素不足の諸症状にはどのようなものがあるのでしょうか?

酵素不足の諸症状はこんなにたくさん!長引くときは酵素不足を疑おう!

酵素不足は人間の目では確認できないものでもちろん目安になるようなものもありません。
しかし日ごろの体調不良が長引いたりいずれも病院に行くほどの症状ではないことからおおよその酵素不足を予測することはできます。
主な酵素不足の症状はたくさんあり代表的なものは次の通りです。

  • 疲れが抜けないと感じる
  • 体が重くておっくうに感じる
  • 頭が重いか何となく頭痛を感じる
  • 肩こり
  • 肌荒れ
  • 冷え性
  • 便秘、便が異常に臭う
  • 汗が多いか極端に少ない
  • 寝つきが悪く眠りが浅い
  • 胃痛や胃もたれ

他にも多数の諸症状があります。
こんな症状がひどくはないけれども最近続いている、少なくとも1か月以上続いていると感じたときは酵素を始めるときかもしれません。

酵素と自律神経の関係

酵素が不足した状態になると自律神経もコントロールが難しくなりさまざまな体調不良の原因になります。
体内時計が狂った状態になるので病院にいくほどではないけど体調がいまいちすっきりしなくなり何となくだるくなったりします。

なんとなく体調が悪い気がしていたものも悪化すれば頭痛や睡眠なども別の病気を引き起こすことがありますので、酵素不足が疑われるときはできるだけ早めに酵素を補うようにしましょう。
早めの対応を取れば美容面にもさほどの影響が出ないで済みます。

酵素ドリンクはさまざまな種類もありますし、もしも酵素ドリンクでは摂取しにくい場合は別の酵母関連サプリや生酵素のサプリなどでも代用できます。